人生の簿記(仮)

難病(膠原病、関節リウマチ)で、凡スペックの人間の戦略コンサル挑戦記。日々気づいたことを記事しています。詳細はプロフィールを読んでください。https://bookkeepingoflife.hatenablog.com/entry/2018/07/21/132951

iPhone XS MAX 中国モデル 購入直後のレビュー

こんにちは。ジラフです。

昨日宣言した通り、買って来ましたよ。

最新のiPhoneです。

 

iPhone XS MAXの中国仕様の256GBモデルです。

お値段なんと、、、11000RMBでした。

今のレートだと18万円以上です。

香港広場のアップルストアに行って来ました。

購入までは1時間ほど並ぶ必要がありましたが、

普通に買えました。在庫は256GBと64GBはまだあるとのことでした。

在庫が潤沢なのか、人気がないのかは分かりません。

 

なぜこんな高額な金額を支払ってでも、購入したかというと、

単純に最新の技術に触れてみたかったからです。

一応以下メリットがあるので、購入を検討されている方は参考にしてください。

 

  1. デュアルsimに対応している
    中国モデルのXS MAXはsimカードを二枚さすことができます。
    チャイナモバイルとチャイナユニコムの二枚を刺して、普通に使えることを確認できました。
    まだまだ中国の電波事情はよくありません。言語もままならない私にとって、2つの携帯会社の回線を同時に繋げるのは何とも心強いものです。
    ※日本の技適はないので、日本在住の日本人が日本国内で使用することは許可されてません。

  2. アップルブランドの安心感
    中国ではアンドロイドやグーグルサービスは使用できません。
    一方で日本以上にアプリでできることが多いのです。フードデリバリーや配車アプリなど、本当に便利すぎて、もはやこれなしでは生きていけません。
    しかしこれらのアプリはグーグルストアにはないので、必然的に野良アプリを使用しなければいけません。
    野良アプリといえば
    ・セキュリティに不安がある
    ・アップデートを自動的に実施してくれない
    などなど不安・不満が多いです。
    アップルのサービスは中国でも当たり前に使用できるので、
    日本人で、中国語が得意じゃない、ガジェットの知識もそんなにない・・・
    という人であればiPhone一択かと思います。

  3. カメラの性能
    これまで使用して居たのが、iPhone7やgalaxy s8でした。
    いずれも良い端末でしたが、シングルカメラでした。
    ・・・やっぱりデュアルカメラきになるよね??
    ってことで買ってしまいました。
    どんどん海外に行くので、いろんな場所の思い出をたくさん残したいと思います。

  4. 大画面
    ここが唯一の難点でした。
    携帯電話なので、携帯できないとは論外です。
    ただ、想定した以上の持ちにくさはなく、慣れの問題なのかもしれません。
    一応普段履いている無印のスキニージーンズでも、
    バックポケットには普通に入りました。
    あと、最近中国語や英語を入力する際はquwertyキーボードを使うのですが、
    画面が大きいのでとても入力が楽になりました。

とりあえず、満足度は高いです。

早速スイカや上海のスイカも登録したので、

また1つ持ち物を減らすことが出来ました。