人生の簿記(仮)

平凡なサラリーマンコンサルのブログ

コンサルをやめたくなった時考えること

お久しぶりです。ジラフです。

ブログ全く更新してませんでした。

別段仕事が忙しいわけでも、プライベートが忙しいわけでもなく、

何にも興味が持てなくなってしまったことが原因だと思う。

 

コンサルとしても一定のキャリアを築き、年収も大台を超えた。

プライベートもそれなりに充実している。

でも、なんか人生がパッとしないのである。

 

この悩みを周囲に相談しても、

・そんなに出世出来てて何が不満なの?

・コンサルなんだから、転職先も選び放題でしょ?

・結婚相手も選びたい放題でしょ?

 

などと全く取り合ってもらえない。

だが実態としては、独身では全く生活に困らないが、大都市で結婚して子供も育てようと思うと、そこまで余裕があるわけでもない。

そもそも今の働き方を継続しながら、家庭を築くのは実質こんなんだと思う。

独身・子無しの今のうちに、FIRE目指すなり、起業するなりを考えるべきなのだが、全くやる気が起きないのだ。

 

原因は、選択肢が多すぎるから。。。

事業会社に転職することもできるし、ベンチャーに転職することも可能。

また1年分は生活できる蓄えもあるので、起業するために1年くらい仕事をやめてみることもできる。

でも結局何も決められず、現職に止まりもう少し様子見をしようと思ってる間に一年以上が経過してしまった。

 

20代中盤の同僚は、ある日突然会社をやめる。

彼らはコンサルをやめて何かに挑戦して、ダメならまたコンサルに戻れば良いと思い切ることができるからだ。

だが30を超えた私には、もうそんなバイタリティはない。

ツイッターを見渡すと、コンサル、元コンサルアカウントはありふれてる。

もはや、コンサルも元コンサルもほとんどありふれたキャリアに成り果てているののである。

コンサルに止まりこの業会で勝ち抜くのも、

元コンサルというキャリアを持って他業界へ転職するのも、もはやレッドオーシャンなのである。

冷静に考えれば、早く逃げ出さないといけない。でも問題を先送りしてしまっている。

まさに茹でガエル状態だ。

 

未来のために早く決断と、行動をしないと。。。

そう思った新年度のスタートだった。

わかりやすいコンサル業界のお話

先日、久しぶりにブログを更新したら、それなりのアクセス・レスポンスがありました。

やはり、コンサル業界の記事はバズるようです。

 

 

bookkeepingoflife.hatenablog.com

 

 

私がこの業界に足を踏み入れたのは5年ほど前でです。

当時からすでに人気な職業でしたが、近年はより一層その人気が加熱気味です。

原因は主に二つ存在すると考えています。

 

一つ目は、「安定思考の学生にとって、就職先選択肢の減少していること」です。

就職したい企業ランキング、かつてはSHARP東芝JAL三菱UFJ、NTT、東京電力などの大手企業が名を連ねました。

しかし、海外メーカーに押されたり、不祥事などによりそのプレゼンスは確実に低下しました。

じゃあそれに変わるメガベンチャーは出てきたのか?違うでしょう。

メルカリ、ソフトバンク以外は時価総額・従業員数を比すると、上記大手古参企業をカバーするほどのベンチャーは存在しないと考えています。

そもそもソフトバンクはもはや大手古参企業です。

つまり、自分はそこそこ優秀だが、海外にがっつり出るほどがんばりたくないような安定思考の学生にとって、魅力的な選択肢の幅が減っているのです。

 

二つ目は、高齢化に伴う労働人口の減少です。

これは企業側のお話です。

かつての高度経済成長時代においては、新規事業立ち上げ・従業員を増やすというサイクルが当たり前のように機能していました。

なぜなら人口が増えていたので、人口増加の分だけ物が売れ、売り上げは伸びます。

また、労働市場に毎年100万人以上の学生が投入されていたため、雇うことも簡単だったでしょう。

しかし現在は人口は縮小社会です。毎年数十万人といった単位で人口が減っています。

そのため市場は伸び悩み、企業の国内では売り上げも伸びません。

一方で労働市場に新しく投入される若者の数も減り続けています。

そうすると企業は売り上げも減る、若者も減っているので、結果的に採用人数を減らすことになります。

その結果、これまでは社内でやっていた業務の多くを外注するようになっています。

特に数年に一度の中計策定、戦略策定といった業務などは、

一大プロジェクトではあるものの、社内で有用な知見を持った人は不足しています。

むしろそういったプロジェクトだけを毎日こなしているコンサルの方が、遥かに知見を保有しているわけです。

その他海外新店舗立ち上げ、事業の売却などなど、通常のサラリーマン人生では1度あるかないかといったプロジェクトの多くも同様です。

一昔前であれば、社内の優秀な社員をMBA留学させて、といったことが当たり前だったかもしれませんが、現在そこまで余裕のある会社は多くありません。

そのため結果的に、安価な外部労働力を求めて、コンサルを多用する企業が増えているのでしょう。

 

総論として、日本という国自体が弱体化しつつあり、

一つ一つの企業の体力低下を補うため、一定規模の派遣業務部隊の需要が増えているのだと考えます。

 

良い悪いは別にして、この業界の概況を記載してみました。

いつまで、この状態が続くのか?

大都市圏のこの流れは、地方へどうやって流入していくのか?

企業としてコンサルをどう使えば良いのか?

個人として、コンサルに転職すべきか?

といったことは、おいおい書き綴っていきたいと思います。

転職を考えている人、学生さんなどの目にこの記事が止まり、何かの助けになれば。

コンサルって案外悪くないお仕事

最近仕事、プライベート共に忙しかったため、全くブログ更新できていなかったです。

そんな放置気味なブログであっても、なぜかそれなりなアクセスが維持されていたことが驚きです。

どういった記事が読まれてるのかを見たら、圧倒的にコンサル業界に関する記事でした。

 

「コンサルはしんどい」

https://bookkeepingoflife.hatenablog.com/entry/2016/04/17/214410

 

思えば、コンサルに転職して3ヶ月ごろにこの記事を書いたのですが、

当時は本当に何をやって良いのか、右も左もわからず、五里霧中でした。

今もそれは変わらないのですが笑。

 

この記事ではコンサルへの転職を積極的に勧めていません。

その気持ちは今も変わりません。

しかし、もし、転職に悩む5年前の私に会ってアドバイスができるとしたら、以下の言葉を送ります。

 

「社会人の新卒ガチャで入った会社は特に思い入れがなければ3年くらいでやめても良い。

コンサルは、いろいろな業界・企業をフラットに把握できる稀有な仕事。

キャリアチェンジは当然苦痛を伴うので、並大抵の覚悟ではできない。

だから、コンサルに行くべきだ。

コンサルなんて所詮…。という声を聞くかもしれない。

でもそういった声を出す人は、コンサルを知らないまたは、へぼいコンサルファーム、または大手ファームでもマネージャにも上がれていないポンコツでないか?

コンサルは虚行で、何も生み出さない虚しいビジネスに変わりはない。

しかし、それでも高給をもらえる妥当性を生み出す、錯覚させるスキルというのは、それ自体に価値があると思う。

今の私は同じエネルギーを起業・副業にかけた方がおそらく楽しかったと思ってる。

しかし、起業・副業というのは何歳でも始められる。

むしろコンサル業界にいた方が必要な知見・人脈は手に入りやすい。」

復旧ではなく復興を

おはようございます。ジラフです。

久しぶりに記事を書きます。

 

年初にこんな記事を書きました。

 

これはある国のお話の違う世界線のお話

https://bookkeepingoflife.hatenablog.com/entry/2020/01/03/203502

 

これを書いたときは、とある災害後の対応を振り返っていろいろ思う処がありキーボードを叩きました。

 

何らかの事情で、既存の生活がおくれなくなると必ずこんな声が出てきます。

「早く元の生活に戻りたい」

しかし、よく考えましょう。

年金問題やブラック労働、環境問題などなど。

元の暮らしは緩やかに死に向かう茹でガエル生活だったのではないでしょうか?

わかりやすい幻想である「元の生活」を、頭空っぽのインフルエンサー、政治家は差し出してくるでしょう。

しかしそこで一度歩みを止めて、「元に戻すのではなく、より良くできないのか?」

と考える人、発信する人が増えることを切に願います。

 

「本当の敵はコロナ じゃない」

「自粛しない奴らは、敵なのか?」

 

他者を安全な立場から一方的にたたかず、明るい未来を作るために行動できる人が増えること、そういった人の足を引っ張る人が減ることを祈って。。。

 

macbookという機械

こんばんは。

本日は今愛用しているmacbookに関して記事を書きます。

 

現在macbookを使用しています。

モデルはもう3年ほど前のモデルです。

スペック自体はヘナチョコなのですが、普通にWeb記事を書いたりするだけなら全く問題なく使用できています。

 

最近プライベートでも、家計簿管理やいろいろな調査のために、

Bootcampを用いてWindowsを入れてエクセルを使っています。

そこで思わぬ不便を感じたので、今日はそれに関して記事を書きたいと思います。

 

良くマック使ってる人たちは、

・マックは至高

・マックはクリエイティブな仕事に最適!

・マックのタッチバーを使ったらもう、Windows には戻れない!

 

とコメントされています。

私も概ね同意見です。

ただのYoutube観賞ツール、ブログ書き程度のタスクであれば、マックは最高のマシンです。

 

しかし、そんな私のマック愛に思わぬ綻びが生じた。

BootcampでWindowsを起動して、Excelを使っていると以下不具合があることがわかった。

タッチパッドでマルチタッチが使えない

・キーボード配置がWindowsと異なる

・Deleteキーがない

などなど、ほぼ30秒に一回イライラする自体が発生することがわかった。

普段会社至急のThinkpadのキー配置に慣れているので、

Excelをショートカットでばりばり使おうとすると、キー配置が違うことに戸惑う。

また、デカくて使いやすいタッチパッドはキー操作中に何度も誤作動を起こしてしまい邪魔以外の何者でもない。

 

よくよく調べてみると、外資系コンサル、金融系で支給されるPCは圧倒的Windows

クリエイティブ職はマックということだった。

マックでExcelを使うということ自体が合理的ではないみたいだった。

ふてくされて、使い勝手の良いWindows PCを調べていると、

それなりに使い勝手良さそうなものが多数出ていたので買ってしまおうか悩み中。

 

しかし、真剣に調べるとキーボード配置を変更するソフトや、

タッチパッドにマルチタッチを導入するソフトも有志が作ってくれていた。

http://tanweb.net/2015/01/12/2284/

https://pc-karuma.net/bootcamp-trackpad-settings/

 

それらを導入すれば普段の仕事の8割くらいの作業速度は再現できた。

DELETEキーも、Fnキーを使って再現できたので、かなり満足度は高い。

さて、、、そろそろマックブックを買い換えるのだけど、

次はマックにするかWindowsにするか悩む日々は続きそう。。。

 

ただ、1つだけ言えることは、

Windows は仕事で使う。Macは仕事で触れるチャンスはなかなかない。

プライベートくらい好きなもの使いたいと思うのだけど。。。

とりあえずキーボードがシザーズ方式に変わることに期待してみたいと思う。

これはある国のお話の違う世界線のお話

これは極東にある、とある島国のお話です。

その国は古くから、大国とは海で隔てられたこともあり独自の文化を保った国でした。

豊富な水資源と、森林、鉄鉱石があることから、製鉄技術を中心に高い技術レベルを有し、儒教の教えを守る誠実なまじめな国民はよく働き、世界史上でも1,2位を争う経済成長を100年足らずの間に二度もなし遂げたこともあります。

また軍隊も持たず、過去60年以上に渡り侵略戦争をしたことがない、平和を愛するこの国は、長らく世界の憧れでした。

しかし、人に、会社に寿命があるように、その国は今寿命を終えようとしています。

それ自体は嘆かわしいことではありません。

過去数百年、この国はスクラップ&ビルドで復興してきたのです。そして、今回も。

高齢者問題、人口減少、隣国の新帝国主義、グローバル企業のIT攻撃、エネルギー、環境問題、貧富差の拡大、自由民主主義の限界。

まさに今時代が変わろうとしている、、、そんな局面を迎えています。

そして、それは起こりました。

2011年、3月11日。

その小さな島国の東部地方を中心に巨大地震が起こりました。

巨大津波が起こり、数万人の方が命を失い、多くの街が消失しました。

時代の変わり目に発生した巨大災害を前に、全国民が衝撃を受けました。

とくに津波に襲われた沿岸地域の人々は、まさに絶望の中に居ました。

 

そして数年後、巨大津波にが襲ったエリアには津波の爪痕は残るものの、

”元どおり”以上の活気を取り戻したのです。

 

きっかけは、一人の初老の政治家のつぶやきでした。

「復興ではなく、新しい国を作ろう」

震災直後、多くの人は「1日でも早く、元の暮らしを取り戻したい」と口にしました。

ですが、元の暮らしとは、国全体が抱える問題の多くを静観する茹でガエル生活のことです。

全てが流された今だからこそ、元にではなく、新しい仕組みを作ろうと、その政治家は言いました。

そして政治特区の導入を皮切りに、その被災地は世界でもっとも先進的な国に生まれ変わったのでした。

 

・政治の意思決定・実行速度を早めるための道州制導入・政治特区の制定

・新しい道路は全て自動運転に対応したセンサー付きで、世界で最初に自動運転が実用化されました

・災害支援金ではなくベーシックインカムの導入

ベーシックインカム闇金ルートに流れないよう、紙紙幣の廃止&QR決済・ブロックチェーンの導入によるキャッシュフロー管理

・移民の積極的受け入れ

・農地・漁港組合を解体し、IT化・ロボティクスの推進

尊厳死安楽死)の法整備

 

その国が抱えていた問題を、抜本的に改革するようなこれあの法律の制定・実行は、

ねじれ国会や、有権者の多くが高齢者という中で議論が進まず膠着状態となっていました。

しかし、全てを失った被災者の多くは「ええじゃないか。」と、その初老の政治家の見せた幻想にベットしたのでした。

結果として、滅びようとしていたその国は、今世界での輝きを取り戻し、

21世紀の新しいイデオロギーの発信地として注目を集めています。

 

おわり。

 

ーーーあとがきーーー

あけましておめでとうございます。

ジラフです。

久しぶりに記事を書きました。

地震3.11で大事なものの多くを失っており、今だに思い出さない日はないのですが、

当時は「復興!復興!元どおりに!元どおりに!」と口にしていました。

しかし、復興した街並みを見ても、以前と同じかそれ以上の閉塞感が残っており、

どうすべきだったのか、友人たちと議論する中で上のような夢想をしたので、

初夢のような記事を書きました。

もう時計の針は戻らないですし、復興に尽力いただいた方々の苦労は計り知れません。

あの日からの日々を否定するわけでは決してありません。

 

次、どこかで大きな災害があった時、

このような議論が出来るよう、記事を書きました。。。

これはある国のお話の違う世界線のお話

これは極東にある、とある島国のお話です。

その国は古くから、大国とは海で隔てられたこともあり独自の文化を保った国でした。

豊富な水資源と、森林、鉄鉱石があることから、製鉄技術を中心に高い技術レベルを有し、儒教の教えを守る誠実なまじめな国民はよく働き、世界史上でも1,2位を争う経済成長を100年足らずの間に二度もなし遂げたこともあります。

また軍隊も持たず、過去60年以上に渡り侵略戦争をしたことがない、平和を愛するこの国は、長らく世界の憧れでした。

しかし、人に、会社に寿命があるように、その国は今寿命を終えようとしています。

それ自体は嘆かわしいことではありません。

過去数百年、この国はスクラップ&ビルドで復興してきたのです。そして、今回も。

高齢者問題、人口減少、隣国の新帝国主義、グローバル企業のIT攻撃、エネルギー、環境問題、貧富差の拡大、自由民主主義の限界。

まさに今時代が変わろうとしている、、、そんな局面を迎えています。

そして、それは起こりました。

2011年、3月11日。

その小さな島国の東部地方を中心に巨大地震が起こりました。

巨大津波が起こり、数万人の方が命を失い、多くの街が消失しました。

時代の変わり目に発生した巨大災害を前に、全国民が衝撃を受けました。

とくに津波に襲われた沿岸地域の人々は、まさに絶望の中に居ました。

 

そして数年後、巨大津波にが襲ったエリアには津波の爪痕は残るものの、

”元どおり”以上の活気を取り戻したのです。

 

きっかけは、一人の初老の政治家のつぶやきでした。

「復興ではなく、新しい国を作ろう」

震災直後、多くの人は「1日でも早く、元の暮らしを取り戻したい」と口にしました。

ですが、元の暮らしとは、国全体が抱える問題の多くを静観する茹でガエル生活のことです。

全てが流された今だからこそ、元にではなく、新しい仕組みを作ろうと、その政治家は言いました。

そして政治特区の導入を皮切りに、その被災地は世界でもっとも先進的な国に生まれ変わったのでした。

 

・政治の意思決定・実行速度を早めるための道州制導入・政治特区の制定

・新しい道路は全て自動運転に対応したセンサー付きで、世界で最初に自動運転が実用化されました

・災害支援金ではなくベーシックインカムの導入

ベーシックインカム闇金ルートに流れないよう、紙紙幣の廃止&QR決済・ブロックチェーンの導入によるキャッシュフロー管理

・移民の積極的受け入れ

・農地・漁港組合を解体し、IT化・ロボティクスの推進

尊厳死安楽死)の法整備

 

その国が抱えていた問題を、抜本的に改革するようなこれあの法律の制定・実行は、

ねじれ国会や、有権者の多くが高齢者という中で議論が進まず膠着状態となっていました。

しかし、全てを失った被災者の多くは「ええじゃないか。」と、その初老の政治家の見せた幻想にベットしたのでした。

結果として、滅びようとしていたその国は、今世界での輝きを取り戻し、

21世紀の新しいイデオロギーの発信地として注目を集めています。

 

おわり。

 

ーーーあとがきーーー

あけましておめでとうございます。

ジラフです。

久しぶりに記事を書きました。

地震3.11で大事なものの多くを失っており、今だに思い出さない日はないのですが、

当時は「復興!復興!元どおりに!元どおりに!」と口にしていました。

しかし、復興した街並みを見ても、以前と同じかそれ以上の閉塞感が残っており、

どうすべきだったのか、友人たちと議論する中で上のような夢想をしたので、

初夢のような記事を書きました。

もう時計の針は戻らないですし、復興に尽力いただいた方々の苦労は計り知れません。

あの日からの日々を否定するわけでは決してありません。

 

次、どこかで大きな災害があった時、

このような議論が出来るよう、記事を書きました。。。