人生の簿記(仮)

難病(膠原病、関節リウマチ)で、凡スペックの人間の戦略コンサル挑戦記。日々気づいたことを記事しています。詳細はプロフィールを読んでください。https://bookkeepingoflife.hatenablog.com/entry/2018/07/21/132951

自業自得かもしれないけども。。。

こんにちは。

最近ツイッターにハマり始めたので、ブログの更新が滞っていました。

とは言えブログの継続がベースです。

ツイッターにはその時の思いつきを記載して、ブログには1週間の思考を記載したいと思います。

 

今週読んでいて、心に残ったのはこの記事

www.byosoku100.com

 

要するに、日本人は本質的な課題を先送りにしているのだから、

重税や医療品質の低下はやむなし!ということです。

 

このブログの著者、フロイドさんはかなり過激な記事を書かれるのですが、

正直反論のしようがありません。

まさしく日本人全員が、本質課題から目を背けた結果、今後日本人の生活は苦しいものになるでしょう。

 

我々一般人にできることは、

少しでも豊かな暮らしを送れるように、本業・副業に勤しむことと、

不自由になるなかで、いかに幸せを見つけるか、

ということになると思います。

 

ですが、この仮説と対応が是であるとすると、

1つだけ不安なことがあります。

自身で稼ぐことができない学生や、子供たちへのサポートが真っ先に切られそうということです。

冷静に考えて、自身で稼ぎ参政権ももっている人たちが、

子供福祉、奨学金関係のサポートよりも自分たちのサポートを優先する可能性の方が高いです。

そして将来的な日本全体の労働力、競争力はより一層低下していくのでしょう。

 

少し心が痛むのですが、私自身、

「税金が3倍になります!子供たちのためです!」

って言われたら反対するでしょう。

もはや綺麗事だけで、問題を先送りできない段階に日本がきているのでしょう。

 

とにかく我々にできることは、自分たちの子供だけでも、

安全な環境で、グローバル水準の教育を受けさせる環境を提供できるよう、

誠実なパートナーを見つけて、しっかりと稼ぐしかないのだと思います。

仕事頑張ろう。。。