人生の簿記(仮)

新人コンサルタントの自己研鑽記録。ゆとりとか、悟りとか好き勝手言われてる世代が、何を考えているかを綴ります。

書評 U-31

昨晩、サッカー日本代表 VS 北朝鮮代表を観戦していたら、

久しぶりにサッカー小説が読みたくなったので、

サイバーマンデーでアクセス集中しているアマゾンを散策していました。

サイバーマンデー、、、安いので皆さんもぜひ色々購入してみてください↓)

 

 

午前中にダウンロードして読んだ一冊がこちらです。

・タイトル:U-31

・作者:綱本将也、吉原基貴

・巻数:全2巻

 

<あらすじ>

かつてオリンピック世代で絶対的司令塔で、

名門の東京Jリーグチーム10番の主人公、河野(28歳)

在籍したチームを解雇されて、古巣に戻ることになり、

かつての盟友との再会、若手との衝突を繰り返していく、、、

 

<感想>

ボリュームも全2巻のため、休日のカフェで読み切るのに最適でした。

何より主人公の年齢が、私と同い年だったこともあり、、、色々と共感できる箇所が多かったです。

サッカーは世界有数の人気スポーツであり、選手生命で考えると、

30歳手前という年齢は、引退を考え始めるには遅すぎる年齢ではありません。

そういったことを考慮すると、同い年でも、主人公が抱えている重圧は、

おそらく私の比ではありません。

 

オシム監督を彷彿とさせる外国人監督の発言一つ一つが、

深くて考えさせられます。

これまでオシム監督を知らなかったのですが、

一気に興味を持ちました。今度は自伝でも一冊読んで見たいと思います。

一番心に残ったシーンは、がむしゃらなプレイをする主人公に対しての、

監督の発言です。

「日本人は、一つ一つのプレーの精度を高める事にしか興味がないように見える。

パサーと呼ばれる者の多くは、いいパスを出せた事に満足し、その場に立ち止まる。

ドリブラーは抜く事だけに集中し、クロスをあげるタイミングを逸する。

ポストプレーヤーはボールをキープすることに腐心し、前線で孤立する。

クリアするので精一杯で、フリーであってもボールを繋げないDFは、守備の意味を理解していない。

ヴィジョンがあれば難しいプレイなど必要なくなる。

ファーストタッチのトラップ一つで、その戦局が決定することだってあるんだからね。

フットボールはスーパーシュートですべての勝負が決まるわkでじゃない。

それを生み出すポジショニングやフリーランこそ大切なんだ。」

これ、仕事でも同じだと思います。

目的のないハードワーク、残業は辞めるべきなんです。

 

他にも仕事に通じる話があります。

作中冒頭で、がむしゃらにやっていたら代表に呼ばれるようになったが、

いつしかチームにフィットするようにプレーした結果、

個性が消えて代表からもチームからも必要とされなくなった、、、

という下りが出てくるのですが、

そこは最近私も漠然と考えている不安とダブりました。

コンサルは資格などがないので、結局高いビジネスの基本スキル、、、

エクセルや会計知識、プログラミングスキル、外国語スキル、

パワポスキル、折衝力、プロジェクトマネジメント力が身につきますが、、、

結局器用貧乏になるだけな気がしています。。。

 

他にも、プロスポーツ選手ならでは、マスコミとの付き合い方や、

ドラッグ絡みの話など、いろいろ考えさせる話が多いです。

 

サッカーという一つの業界を、

ここまで描いている漫画も珍しいと思います。

Jリーグもすでに開幕して20年以上が経ち、今一度、

サッカー選手を取り巻く環境がどうなっているかを考えて見たいと思いました。

 

私も、今一度、仕事に対して真剣に向かい合って見たいと思いました。 

 

 

クラブに行ってきた話

先日ブログで宣言した通り、婚活に励んでいるのでそのご報告です。

bookkeepingoflife.hatenablog.com

 

ここ数日の活動結果を報告します。

これはリアルな数字です。。。どうか皆さん、絶望せずに、最後まで読んでください。

まずここ1週間のアクティビティを報告します。

私の基本スペックです。

・顔:フツメン以上(だと思いたい)

・身体:ガリガリ、全くフェロモンなし。

・身長:180cmあります(どや)

・職業:コンサル

・装備:スーツまたはシンプルなスタイルが多い。

 

①相席居酒屋での活動

とある金曜日、友人含めて3人で相席居酒屋へ突撃。

場所は都内某所で、友人の内1名はその道のプロです。

要は、ナンパなどはお手の物で、女子を手玉にとるものすごいイケメンです。

ちなみに既婚です。(オイ!)

23時頃まで仕事していたので、入店したのは23時すぎでした。

店内には20数名の男女が居て、適当に楽しんでいるようでした。

座席に案内されて座るとそこにはTVゲームをやってる女子二人。

ともに年齢は23歳くらいとのことでした。

これが全くもって、こちらに興味を示さず、適当に会話しただけでした。

おまけに用事があるとのことで、24時過ぎに退席。

その後周囲は明らかに男性が多くなってきたので我々も退店。

1時間いて、一人7000円くらいでした。

料理、お酒食べ飲み放題だったので、街コンより少し高い感じですが、

ぼったくられている感じはありませんでした。

ただ全体的に女の子たちはゲームや食べ飲み目的で来ている感じでした。

イケメンはここで離脱し、二人組になり、その後の対応を相談した結果、

オリエンタルラウンジと言うところに移動するも、

同じように男性が圧倒的に多いような状況でした。

金曜日の夜ということもあり、期待していたのですが、

時間が遅過ぎたようですね。

 

②クラブでの活動

オリエンタルラウンジもいっぱいだったので、

クラブへ移動。

金曜日の夜ということもあって、男女ともに人いっぱい。

みんなヒャッハー!って感じでした。

f:id:grapheite:20171127210141j:plain

盛り上がる皆さん。DJさん。

まぁ、基本的に奥手のお地蔵さんなので、私にはあまり関係ありませんが。

そんな感じで、孤軍奮闘する友人を尻目に、入場時にもらったコインでお酒を飲む私。

気がつけば、隣にちょっと可愛い女の子が一人ちょこんといます。

私と同じで、ヒャッハーな乗りについていけてない感じでした。

勇気を出して声をかけます。

ジラフ:「クラブとかよく来るのー?」

女子:「2回目。友達が好きなので来たけど。。。あまり来なそうですよね?w」

ジラフ:「俺も2回目くらい。友人の付き合いできた(嘘)」

女子:「・・・」

ジラフ:「・・・」

ジラフ:「(会話が続かんぜよ・・・)」

女子:「・・・じゃあ、私友達探しに行きますね。楽しんでね〜♩」

ジラフ:「うん。バイバイ(バイバイじゃねーよ!何のために日本帰って来たんだよ!)」

 

その後必死に探して、再会していろいろ話しましたが、彼女の友人が捕まった男たちに連れ去られてしまい2回目のバイバイしました。

うーん。やっぱり、オラオラ系のイケイケ系がこういった環境では有利なんだと実感しました。

マインドセット次第かな。もう少し自分に地震をつけて、もう一度行ってみたいと思います。

とりあえず、仕事と筋トレ頑張ろうと思います。

ですが何となくクラブには私が求めるような女性はいないんじゃないかと、思いました。

 

③マッチングアプリでの活動

マッチングアプリも積極的に登録しました。

なかなかマッチングしませんね。

またメッセージも全く続きません。

だいたい100いいねしたら、30マッチングして、

4、5人とメッセージやりとり続く感じでしょうか。

直接会うなんて、夢のまた夢。という状況です。。。

ここは写真や、自己紹介などなど変更点がありそうです。

 

いろいろ反省点はありますが、まずは行動することが大切です。

あと、目標は具体的にしなければPDCAは回せません。。。

どんな彼女が良いのか、そのためにどんな活動するのか。。。

 

引き続き、活動していきます。

 

今年もクリぼっち確定かな。

ビットコインに関して思うこと

今日はビットコインに関して思うことを書きます。

ビットコイン、仮想通貨ですが、最近とても話題ですね。

いつのまにやら100万円に届きそうな勢いです。

おそらく100万円は超えるのではないかと思っています。

 

私は専門が経済ではなく、

コンサルに転職してから経済などを勉強し始めたのですが、

単純にビットコインて従来の経済学では説明がつかない通貨でとても興味深いです。

 

株式にしても、先物取引にしても、不動産にしても、

市場価値より安ければ、値上がりして、高ければ値下がりするのが、資本主義の基本です。

ですが、ビットコインの市場価値って、どこかの国の中央銀行が保証しているものではないですし、謎なんです。

よく取引、マイニングしている電気代が原価と言っている人たちもいますが、

何となくしっくりこない表現です。

 

周囲でビットコインを買って儲けている人がいるのですが、

私個人はこのように市場価値が見積もれないものが過剰に値上がりしていることから、

完全なバブル状況にあると認識しています。

 

ちょうど100年ほど前に起きた世界恐慌では、

「靴磨き少年も株の話をしていたので、これは異常だと感じてバブルがはじける」

と予見したという逸話があります。

みなさんの周りで、さすがにこの人がビットコインは買わないだろうという人が、

ビットコインを話題にし始めたら、いよいよバブル崩壊が近いということです。。。

 

リーマンショックからちょうど10年ですし、いよいよ次の世界恐慌が来るのでしょうか。

個人的には今すぐビットコインを買うことはしませんが、

バブルがはじけて10円くらいに下落したら買ってみようかな・・・と思っています。

ガジェットレビュー Fitbit alta HR

かなり以前の購入になりますが、Fitbit alta HRを購入したので、レビューを書きます。

ウェアラブル端末です。

睡眠状況や脈拍、歩数などを測定できます。

 

私のウェアラブル端末の履歴書は結構素晴らしく、

最初に使用したウェアラブル端末は、

JawboneのUPというものです。

イヤホンジャックに差し込んで同期する機能が素晴らしかったのですが、

大体半年くらいで壊れてしまいました。

 

その後はソニー信者なので、スマートバンド、スマートバンド2を使用しました。

どちらも電池もしくは本体が壊れるまで使用しました。

 

UPを使用した時は、ちょうど前職で工場実習の夜勤をやっていたので、

睡眠時間をしっかりと記録する機能に惹かれて購入しました。

それなりに使うことができました。

スマートバンドたちは正直ソニーの威光により購入しましたが、

期待に応えたとは言い難く、正直使いづらい機器でした。

しかし、アプリなどはシンプルで、スマホを何に使用しているかや、

地図と連動していて、ライフトラッキングというツールとしてはなかなかでした。

本当はスマートバンド3が出たら速攻で購入しようと思っていたのですが、

wena wristとかは出すのに、肝心のスマートバンドもスマートウォッチ4も出ない!

電子ペーパー表示で、脈拍も測れる、、、そんなスマートバンド3の登場を、

ジラフはずっと待っていました。。。

最近のソニー製品はaiboや、Xperia helloなどなど面白く差別化できている商品が多く、

ウェアラブルという業界自体にもう興味がないんだろうと想定されます。

ウェアラブル業界自体が、最近はイケておらず、Jawboneも倒産してしまいました。

blog.btrax.com

 

そんな中、スマートバンド2がついに破損。

そこで泣く泣く購入したのがFitbit alta HRです。

今のところ快適に使用できています。

Charge2と迷ったのですが、腕時計をしている都合上、

右手につける必要があり、かさばらないこちらを選びました。

 

ホームページや家電製品やさんには、脈拍トレーニングができる!と書いていますが、

心拍数に応じて何らかのフィードバックを受けてトレーニングができるような機能はないようです。

個人的にランニングしながら、適度な負荷コントロールを行えるような機能が欲しかったので、少し残念です。

睡眠トラッカーは秀逸で、基本的な機能としては満足です。

バッテリーも1週間程度は持ちます。

5日間の出張であれば充電器は持って行きません。

 

今までウェアラブルを持ったことがない、少し生活習慣見直したいな・・・

という人にはオススメですが、

ランニングのログをとって、しっかりとトレーニングしたい人には物足りないデバイスです。

 

またJawbone倒産の記事にも書いてありますが、

ライフログを残して、どう活かすかが全く出てこないです。

ウェアラブル業界としても、ビッグデータを製薬会社などに売却したり、、、といったことを検討しているようですが、

模索が続いているようです。

正直言って、個人使用でも、眠いな・・・昨日徹夜だった・・・ということが、

数値で可視化されるだけです(笑)。

メリットを強いてあげるとすると、

「それ何ですか??」という会話の緒になる程度でしょうか?

とは言え、今から自分のライフログの蓄積は何らかの示唆を産むことに期待して、今からデータを蓄積したいと思います。

 

 

レビュー SKINS 加圧シャツ

最近ブログのアクセス数が減少してきました。

やはり、ソニーのイヤホンによる一過性のアクセス増加だったんですね。

とは言え、これからもしっかりとしたブログを運営していくことで、

自己研鑽、自己コンテンツ化、副収入を目指します。

bookkeepingoflife.hatenablog.com

 

本日紹介するのは、加圧シャツSKINSです。

 

このSKINSという加圧シャツですが、元々はスポーツ時に着用することを目的としたスポーツウェアです。

加圧、つまり締め付けが強いシャツなわけですが、

基本的にはテーピングと同様の効果だと理解しています。

テーピングサポータは関節周りを締め付けることで、関節におかしな方向に負荷がかかることを防ぎ、怪我を防止します。

このSKINSは、同様の効果を全身に得ることができます。

 

一方で、私はほとんどスポーツをしません。

それではこのSKINSをどうして購入したのかというと、、、

SKINSが疲労回復に効果があるウェアだからです。

原理としては、全身を加圧して、血圧をあげる?ことで、

体中の老廃物を取り除き疲労回復に効果がある!ということのようです。

また飛行機で移動する際、気圧低下した時に体がむくみがちなのですが、

この加圧ウェアを着用することで、むくみをおさえ、

エコノミー症候群などを防ぐことが・・・できるのかな?

 

そんな半身半疑で購入したウェアですが、とりあえず、

移動中に着用すると、若干体が楽なような気がします。

気のせいかもしれませんが。

また暑い日は汗を効率よく発散させ、日光も防ぎ、涼しく感じさせます。

寒い日は、ヒートテック同様、体を温めてくれます。

そんなハイテクウェアです。

 

ちなみにビジネスクラスのラウンジなどに行くと、着用者をちらほらみるので、

世界のエグゼグティブにとっては、当たり前の戦闘着なのかもしれません。

 

SKINSには、3タイプほどあり、

ガチ休息用、ノーマル、ガチスポーツ用があります。

私はガチ休息用と、ノーマルを上下1セットずつ持っています。

なんだかんだノーマルが一番使い回しが効くのですが、

前開きがないので、トイレする時苦労します。

一方で、ガチ休息用の上半身は、少し首回りが大きく開いて居ます。

おそらくスーツなどの服の下に着れることを想定して、

首回りから服が見えないように、、、との配慮からだと思いますが、

若干、、、というよりかなりセクシー過ぎます(笑)。

価格は1万円のため、回復ウェア用途で買われるかたがもし居れば、

まずはガチ休息用の下半身用を買うことを進めます。

それで効果を実感できれば、ノーマル上半身を買って見てください。

サイズですが、私は183cm、体重68kgで、Sサイズを買いました。

とくに小さいとも思いません。

ジャストサイズ、もしくはジャストサイズー1サイズを選んでください。

 

ちなみにこちらの加圧シャツSKINSは高城剛さん愛用のシャツでもあります。

世界中を渡り歩くハイパーメディアクリエイターが愛用しているので、

仕事頑張りたい人、出張多い人、移動多い人、立ち仕事多い人、運動する人、クリエイティブな人?全てにおすすめの一着です。

 

 

 

 ↓これがガチ休息用。正式名称はRY400です。

 

↓これがノーマル版。正式名称はDNAMIC

デザインも色々あります。

 

↓ガチリラックスの上半身。。。やっぱり首元がセクシーで気になる。

 

↓ノーマルの下半身。ただ寝るためだけであれば問題ないですが、

移動中に着る場合は、トイレ行く時大変です。。。本当に大変です。

 

 

書評 モモ

こんばんは。ジラフです。

久しぶりに緩やかな土日を過ごすことができました。

明日に備えて、仕事準備とかしています。

そんななかで、たまには仕事に関係のない本も読まないといけないな・・・と思い、

手に取った一冊がこちらです。

 

・タイトル:モモ

・著者:ミヒャエル・エンデ

 

【あらすじ】

・前半部は、浮浪児の少女モモが、街の人々と交流していき、徐々に友人を増やしていきます。モモのもっとも優れた能力は、傾聴力であり、みんなモモに話を聞いて欲しくて、毎日モモの所にはいろんな人がやってくるようになります。特に観光案内のジジと、道路の清掃員ベッポはモモの一番の親友になります。

・中盤〜後半は、すこし哲学的な話を含んだファンタジー仕立てになっています。時間に対する、とある組織との攻防が描かれます。

 

【感想】

・最近ビジネス書やHow to本を読み過ぎていて、絵本のような語り口調や、結論を後回しにする回りくどい話し言葉にイライラしました。

ソフィーの世界を彷彿とさせるような、展開でしたが、ソフィーの世界ほど哲学に関する多くのことは学べませんが、時間に関する概念を学ぶことができます。

・正直言って、私に取ってはこの本自体が「灰色の男たち」なのではないかというくらいに、休日の貴重な時間を奪っていることに終始イライラしました(笑)。しかし、読み終えたあと、「そんな風に感じるほど、今の自分は時間に終われた日々を送っているのだな・・・」ということに気づくことができました。

・あとがきが思った以上に深いことが書かれていました。筆者のミヒャエル・エンデはドイツ人で1920年代に生まれたという経歴です。筆者はこの話自体は、自分で思いついた訳ではなく、電車で乗り合わした同乗者から聞いたということを書いていました。まるで本当のことだと思わせるようなこの語り口は、たくみですね。

 

たまには、なんの生産性も産まないような書籍を読んで一休みしてみることも重要です。

 

そろそろ本気で始めようと思う。

 

こんばんは。ジラフ@チャイナです。

そろそろ本気で始めようと思っています。

婚活というやつを(笑)。

現在28歳で、20代もあと少しとなってきました。

そこまで焦っているわけではないのですが、

これまで彼女がいたことがほとんどないのと、

なかなか日本に帰れないので、単純な出会いがないので、普通の人より焦らねばならない状況です。

 

コンサルに転職する前は、

「コンサルになれば、超モテる!!」

って思っていました。

でも実際は、

「忙しすぎ!そんな時間ない!しかもコンサルなんてたくさんいて、有象無象すぎてコンサルだけだとモテない!」

 

そんなわけで、しっかりと戦略をきって婚活すすめていきたいと思います。

まず、多くのネットなどで紹介されていますが、モテの公式は以下の通りです。

 

モテ=試行回数✖️モテ要素

 

試行回数とは、出会いや告白回数のことです。

一方でモテ要素とは、見た目や収入などの社会的ステータスのことです。

ただし、収入や身長以外は、定量評価困難なため、

モテ要素を戦略的に伸ばすのは困難です。

ここはとにかく収入を上げることと、

必要最低限な清潔感や見た目を磨くことに注力しましょう。

男の磨き方は以下サイトが参考になります。

www.stoicman.site

 

というわけで今回は、重要な試行回数にフォーカスしたいです。

さて、、、出会いの方法は、以下があります。

・街コン

・ペアーズなどのマッチングアプリ

・婚活パーティ

・相席居酒屋

 

どれがいけているのか、全く検討がつきません。

そこで、テクノロジーの力に頼りましょう♩

グーグルトレンドというグーグルのサービスで、

直近30日間の出会いについてトレンド分析しました。

 f:id:grapheite:20171116210751p:plain

検索キーワードの傾向としては、

街コンとペアーズが頭抜けていますね。

その他は微妙な状況です。

 

したがって中長期的には、街コンとマッチングアプリの2軸で進めていくことが、

試行回数を増やすベストな戦略ではないでしょうか。

というわけで、参加したら適当にレポート書きますね。

 

素敵な出会いがありますように。。。