人生の簿記(仮)

新人コンサルタントの自己研鑽記録。ゆとりとか、悟りとか好き勝手言われてる世代が、何を考えているかを綴ります。

書評 人生を変えるドラッカー

私の会社はコンサルファームなので、米国式決算で、10月に契約更新などがあります。

全くスキルが向上していないのに、年収と責任がどんどん上がるっています。

合わせてストレスもうなぎ登りです。

個人的には今くらいのポジションで、のほほんと楽をしていたいのですが、コンサルという企業体は、現状維持を良しとしません。

できる人にはどんどん仕事を振って、ストレスをかけます。

出来ない人にも、その人なりの仕事を振って、どんどん育てます。

こういう環境に耐えられる人しか残れない環境なのでしょう。

私もそろそろコンサル2年目なので、次のキャリアを考えたいと思います。

それは事業会社なのかもしれないし、地元の公務員かもしれないし、海外MBAかもしれません。。。

さて、そんななかで、プロジェクトをマネジメントする上で重要度の高いスキル、

マネジメントの能力を磨ける良い本がないかと探していたところ、偶然目についた一冊がこちらです。

 

タイトル:人生を変えるドラッカー

著者:吉田麻子

 

【結論/心に残ったフレーズ】

・ほかの人間はマネジメントできないが、自分はマネジメントできる

・自らをマネジメントすることは常に可能である

知識労働者(ナレッジワーカー):自ら考え、行動し、成果に貢献する

・肉体労働者(マニュアルワーカー):指示、命令に沿ってマニュアル通り働く

知識労働者は自らをマネジメントしなければならない。自らのしごとを業績や貢献に結びつけるべく自らをマネジメントしなければならない。

・通常、仕事についての助言は「計画せよ」から始まる。もっともらしく思えるが、問題はそれではいまくいかないところにある。計画は紙の上で消える。よき意図の表明に終わる。実行されることは稀である。私の観察では成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。時間が何にとられているかを明らかにすることからスタートする。次に時間を管理すべく、時間に対する非生産的な要求を退ける。そして最後にそうして得られた自由になる時間を大きくまとめる。

・成果のあがらない人は、第一に、一つの仕事に必要な時間を過小評価する、第二に、急ごうとする、第三に、同時にいくつかのことをする

 

【感想】

上記の結論や心に残ったフレーズを書き出していても思ったのだけど、全てドラッカーの著作からの引用部分です。

本小説は、一応様々な主人公が出てきますが、彼らのストーリーはあまり頭に入ってきませんでした。

過去にもしドラという小説がありましたが、あっちはドラッカーの言葉は頭には残っていません(笑)。

そういう意味ではこちらの本の方が、本質が明確でわかりやすいのかもしれません。

 

私は、自分で言うのもおこがましいのですが、エクセルスキルや資料作成能力は比較的高いです。しかし、自分で考えて仕事を進めることが出来ていません。結果、やる必要のない仕事までやってしまい毎日遅くまでワークすることになっています。

優れたプレーヤーが優れたマネージャではない、という言葉はよく聞きます。本当にその通りなのかもしれません。

しかし、優れたマネージャが、多くの場合求められます。

そして、コンサルにおいてもっとも重要な、どこまでその課題解決方法を具体的にイメージ出来たのか、、、については、実際のプレイ経験がものを言うのです。

だからは私は優れたプレーヤになる、という戦略は間違っていないはずです。

ただ、上司から言われたことをただ実行するだけの作業者でもダメなのだと、思います。

結局は、どこまで真剣にその仕事の目的、成果に拘れたかなのです。。。

 

ちょうど自分をマネジメントしたいと思っていたところなので、ちょうど良いきっかけとなる書物でした。

 

自分をマネジメント出来ないものは、何もマネジメント出来ない。

金言ですね。ドラッカーの本ももっと読んでみたくなりました。

 

 

映画 メッセージ(ネタバレあり)

前からずっと見たかった映画、メッセージを国慶節休み中の移動時間で鑑賞出来たので、レビューを書きます。

 

最近ソニーイヤホンレビューのおかげで、アクセスが急増していて、アマゾンアソシエイトが良い感じです。人々の求めるような記事、良質なコンテンツを毎日書いていけば、お金になるという、資本主義の当たり前の法則をまざまざと体験しています。

 

コンサルになる前は自他共に認める大の映画好きでいろんな映画を観ていたのですが、仕事が忙しくなって中々映画を観る機会が激減しました。

 

可能な限り、飛行機の移動中に観るようにしています。

スマホや、機内サービスで。本来は仕事すべきなのですが、インプットが仕事や専門書ばかりに偏ると、人として何か大事なものを失うのではないか。。。という不安感があるので、定期的に映画を観るようにしています。

 

 

・タイトル:メッセージ

・原題:Arrival

・監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

・出演:ジェイミー・アダムス、ジェレミー・レナー

 

以下ネタバレを含みます。

 

冒頭は主人公の女性が、子供を出産し、その子供が二十歳前に病死するシーンから始まります。

これを観ると、自然と主人公は子供を失った、心に傷を負った女性だと最初、視聴者は刷り込まれます。

しかし、実は冒頭のシーンは、映画のラストシーンなのです。。。

本当は詳しく解説を書きたいのですが、時間がないので、以下動画をご参考ください(笑)。

www.youtube.com

 

ちなみにこの解説をしているYoutuberの映画レビューが結構ツボです。

映画を全然観れない状況の私の、キュレーション動画として、毎回観ています。

 

ヘプタポッドと呼ばれる宇宙人たちにとって、時間の概念はありません。

過去も現在も未来も曖昧なのです。

あまり知らなかったのですが、

「言語は人間の思考や認識を規定する」

という学説があるそうです。

私はバイリンガルではないのですが、確かにそれはありそうですね。

過去形の文法がない言語では、現在も過去も区別して思考出来ないのです。

ヘプタポッドは時間を超越した存在であり、

過去も未来も現在も常に同じように感じることができるのです。

そして彼らの言語を学ぶ主人公も、その能力(思考)を身につけて世界を救う、というストーリーです。

 

映画の音楽や、冒頭とラスト、ヘプタポッドの文字などが輪廻的な印象を与える構成になっていて、SF映画でここまで考えさせるのはシックスセンス以来です。

本当に良い映画でした。今年観た映画の中では間違いなくトップクラスです。

 

ちなみに、周囲の仕事ができる、頭の良い人はみんなバイリンガルトリリンガルなのですが、彼ら彼女らの頭の中も、思考する時の言語によってモードが切り替わったりしているのでしょうか。

大変気になります。

それを体感するには、私もバイリンガルになるしかないわけですが(笑)。

でも、外国の言葉で思考できるようになり、それによりセンスや脳が鍛えられるのであれば安いものではないでしょうか。

多くの企業でTOEICを入社の一つの基準に採用していることもうなづけるような気がしますね。

 

まさかの品薄。ソニーの新型イヤホン WI-1000X

私が購入してレビュー記事を書いたソニーのイヤホンが、予約殺到しているそうです。

av.watch.impress.co.jp

正確にはゴールドカラーが売り切れのようです。

最近のソニー製品って、高価格で誰が買えるねん!!っていう製品の品切れが目立っていますね。

Xperia touchや、PR VRも品切れが続いていますし。

そんな過去最高益を叩き出すソニーが、送り出す新型イヤホンの数々。

これが駄作な訳がありません。

過去にレビューを複数書きました

bookkeepingoflife.hatenablog.com

 

bookkeepingoflife.hatenablog.com

 

上記レビューで紹介した通り、飛行機の中の機内コンテンツの視聴でもノイズキャンセリングが使えるのはとても便利です。

またBluetoothでもLDACで接続できるので、私の所有しているWalkmanのA10との相性も抜群です。

ちなみにA10のノイズキャンセリングと比較しても、デュアルマイク搭載のWI-1000Xのノイズキャンセリングは頭二つくらい抜けている印象です。

ワイヤレスなので、コードが服にぶつかって生じるノイズが発生しないということも十分大きな差異ではありますが、

飛行機の中にいることを感じさせないくらいノイズキャンセル機能が優れています。

これで移動の疲れが大幅に激減しました。

 海外出張時、聞きなれない言語の嵐って案外ストレスだったりするのですが、

このイヤホンを使用してみて、本当に世界が変わりました。

イヤーピースでコンプライを使用していることも、案外重要な要素かもしれませんが。。。

 

 

ちなみにこのイヤホンの記事をアップしてから圧倒的にブログアクセスが増加しました。ありがとうソニー

そしてこのコンプライのイヤーピースでグーグルアドセンスで初めての収入が有りました。購入してくださった方!本当にありがとうございます。この組み合わせは決して後悔させないと思います! 

 

皆さんもぜひぜひ、ソニーの新型イヤホン購入してみてください! 

 

 

 

WI-1000Xレビュー 装着感

過去ないくらいブログのアクセス件数が上昇しており、

何事かと確認すると、先日書いたソニーの最新イヤホンの記事が原因だったようです。

まだ発売前なので、購入を迷われている方々が、ブログにアクセスしてくださっているようです。

bookkeepingoflife.hatenablog.com

 

今日は数日使用してみての感想などを述べたいと思います。

 

まず装着感ですが、初めてのネックバンドタイプのイヤホンですが、

思ったほど快適ではないですが、不快でもありません。

ただし、首に何かぶら下げているのは多少気になります。

座っている時は気になりませんが、

歩いている時は、音楽を聞かないで誰かと話したり食事している時は少しだけ気になります。

また一度ランニング時にも使用したのですが、

軽いランニングであれば全く気になりません。

しかし、激しい運動などであれば首からずり落ちる可能性がありそうです。

今までBluetoothのイヤホンではなくスマホに有線イヤホンでランニングしていたので、

それに比べるととても楽チンです。やっぱり無線って素晴らしいですね。

 

その他気になる点なのですが、

このイヤホンは耳の外側と中側にマイクを搭載しており、

更にバランスドアーマチュアとダイナミックなスピーカが搭載されているので、

イヤホン部分自体が大きめです。

したがって、耳の穴周囲にそのイヤホンが触れることになり、

耳の穴周辺が痛くなります。

イヤーチップをジャストフィットのものに変えて、

深く入りすぎない、動いてもイヤホンがブレないようなものをチョイスすれば、

気にならなくなります。

実際の装着感に関しては、発売後は各店舗で!

発売前であれば、ソニーストアなどでお確かめください!!

 

装着感については以上です。

 

アマゾンでは予約販売受け付けているようです。

気になった方はぜひ!

 

 

MBA取得について考える

欧州出張を終えて、、、

コンサルとしてのキャリアを1年以上を終えて、、、

世界のトップクラスの人との議論を終えて、、、

 

とりあえず、この1年。年収は倍増しました。

前職は一流上場企業に在籍していました。

年収は同年代と比べると、もらっている方だと、言い切れると思います。

さすがに超一流企業と比べると少ないですがね。

 

コンサルに転職した理由は、お金ではなく、

なんか、もっと大きな仕事ができるんじゃないか?と思ったからです。

入社すると、予想以上に泥臭い仕事が多くて、土日関係なく仕事ばかりで、

本当に鬱になるような日々でした。

仕事辞めたい!って思うことはあまりなかったのですが、

それはポジティブな理由ではなく、

「仕事辞めてまでやりたいことってあるのか?」

という問いに対する明確な回答がなかったからです。

 

そしてこういう言い方をすると、多くの反感を買うのかもしれないのですが、

「お金たくさんもらえたんだけど、、、そのお金で何をするのか?」

も自分に何もないということが分かりました。

 

そして更に、毎日ホテル暮らしの日々で、

「生きて行くのに必要な物資って、そんなに多くないんだ」

ということも学べました。

 

また海外にいることが多くて日本の友達に全く会えないのですが、

「人間って本質的には一人で生きていける、じゃあなぜ誰かと会わないといけないのか?そして、誰と会いたいのか?自分は本当にその人のために時間をとって会いたいの?」

という疑念を抱くようにもなりました。

 

そんな中、飛び込んできた欧州出張の誘い。

半ば今の仕事から逃げ出すような思い出参加しました。

結論としては、行って本当によかったです。

普段出会えないような方々とたくさん議論もできたし、

とても多くのことを学べました。

 

今回の出張は、イレギュラーで来年以降も来ることがあるかは分からないのですが、

またこういった場で仕事がしたいと強く思いました。

そしてその思いを上司に伝えたところ、

「君はまだ若い。もし本当にこういったところで戦いたいのであれば、MBAをとるというのも一つの選択肢だと思うよ。」

と言われました。

 

MBA。。。全く考えていなかったキーワードに頭が真っ白になりました。

戦略コンサルに在籍している人であれば皆が一度は考えるのでしょうが、

研究職から転職した私には、MBAなんて文系の学位ってイメージが強かったので、

一度も考えたことなど有りませんでした。

しかし、尊敬する上司が続けます。

「文系の学位?そんな風に思ってるのは日本人だけ。なぜなら、留学してる日本人のほとんどが商社か銀行だから。だけど、他の国だと、メーカーの人もたくさんいる。なんでMITにもMBAコースがあると思ってるの?」

まさしく晴天の霹靂でした。

「私がなぜ典型的な理系おたくの君を採用したのか。日本の理系人材にももっとビジネス視点をもった人が増えても良いと思っているから。もし君がMBAを取りたいと言い出してくれたら、本当に嬉しいし、応援する。」

さらっとオタクとディスられたのですが、

それ以上に、考え方のスケールの大きさに圧倒されました。

私は、このボスが開催していたセミナーに参加して、心底惚れ込んで押し込みで強引に入社したことを思い出しました(笑)。

私もボスみたいになりたい!って思って、戦略コンサルの門戸を叩いたのでした。

そして、そのボスも海外MBAホルダーであり、なおかつ、熱い思いを持って、私という人間にMBAを勧められました。

これは、一回真剣に考えてみないといけない、、、と思いました。

私のような仕事もできない、学歴も高くないような人間がMBA

って思ったのですが、、、

 

「そんなこと関係ないよ。十分君は仕事出来ているし、頑張ってると思う。私は君より学歴は低かったけど、努力して行くことが出来た。君にもできるはずだ」

 

出会った時と同様の熱量を持って未だ走り続けるボス、、、

彼を越えることが最大の恩返しだと思います。

うん。MBA行ってみたいな。

 

そう決意していろいろと調べているのですが、ネット上に有益な情報が全く転がっていないです。

書籍も古い本が多くて参考になりません。

という訳でしばらくブログで適当に更新していきます。

この本はMBA取得者の就活に関して書かれた本です。

これが結構リアルな内容でよかったと思います。 

 

 

 

ソニーの最新イヤホン WI-1000X レビュー(購入直後)

今週欧州出張で、ブログ全く更新しておりませんでした。。。

ついに高級オーディオ買ってしまいました。

購入したのはソニーがIFA2017で発表した、Bluetoothイヤホンです。

 

==購入ガジェット==

分類:イヤホン

メーカ:SONY

型番:WI-1000X

価格:270ユーロ(免税店で購入なので、税抜きです。36,000円程度です。)

 

WIなんですね、ついてっきりWl-1000Xだと思っていました。

いつのまにかMDR-っていうのやめたんですね。

少しだけ型番コードに戸惑います。

 

日本ではまだ販売していないモデルで、10月7日に発売予定です。

なお、欧州の空港免税店ではすでに発売されており、

価格は270ユーロ程度でした。

日本で購入する価格と大きく変わりませんね。

 

箱の外観はこんな感じです。高級感ありますね。

日本版も同じかは分かりません。

 

f:id:grapheite:20170923020757p:plain

箱の中には箱があります。。。下から開封してくださいね。

f:id:grapheite:20170923021254p:plain

 

 そしてこの黒い箱を開けると、こんな感じです。

なお、コンプライのイヤーチップに交換してしまいました。

 

f:id:grapheite:20170924002025p:plain

詳細なレビューは他の方のブログを参考にしてください。

kunkoku.com

 

 

私は飛行機の中での使用法について紹介します。

なんと、このイヤホンBluetoothなんですが、有線接続もできてしまいます。

 機内用の二口イヤホンへの変換アダプタまで着いています。

f:id:grapheite:20170923022610p:plain

有線接続は専用のmicro-USB-イヤホンオスケーブルを使用します。

有線接続の状態で、ノイズキャンセルが使えるのです。

つまり、、、飛行機の中で映画見るときにもこのイヤホンがあればノイズキャンセルしながら、

飛行機のモニタで映画が観られるのです!!

これってすごくないですか???

ちなみにヘッドホンでも、同じことできるのですが、ヘッドホンはかさばります。

しかし、こちらのイヤホンは大きくないのでかさばりません。

また持ち運び用のポーチも着いてきますので、有線含めて持ち運びができるのです。

 

少し価格は割高ですが、本当におすすめできる商品です。

とくに私のように毎週飛行機に乗るような人は絶対買ったほうが良いです!!

ちなみにすでに欧州ー日本で使用しましたが、快適に睡眠できました。

またバッテリーも10時間以上持つので、ほとんどの飛行機で睡眠しながら使えます。

バッテリー切れたら、座席のUSBで充電できますし、本当に便利です。

痒いところに手の届く本当に良い製品だと感じました。

 

日本では10月7日発売予定です。

ぜひコンプライのイヤーチップとともにどうぞ!

 

やり抜く人の9つの習慣

やり抜く力、、、そんなもの、ないですよ。

だけど、逃げずに今の仕事に向き合いたい時に読む本はこちらです。

 

タイトル:やり抜く人の9つの習慣

著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン

翻訳:林田レジリ浩文

 

【結論・言わんとしていること】

・成功のために必要なことを9つにまとめてあります。

(読んでから1週間しか経っていないのですが、内容結構抜けてしまってます。。。

やはり早く記事書かないと揮発してしまいますね。)

・明確な目標を持ちつつ、大変であることを常に覚悟する。そして硬い意志力を持って取り組むこと!

 

【詳細・所感】

1.明確な目標を持っている

・これはどの本にも書いてありますね。ただし、自分のキャリアプランとかって、あまり決めすぎないほうがよいのではないかと思います。これは持論です。

・環境に応じてフレキシブルに変えるところと、変えないところを明確にしていくべきかと思います。

 

2.If-Thenプランの形で「いついつになったらやる」と計画している

・行動を起こすためのルール作りですね。

・意志力を節約することは大切です。

 

3.現状と目標までの距離に目を向けて「目標に近くために何をすべきか」に焦点を当て、モチベーションを維持している

・現状と目標までの距離、果てしない距離に感じてしまっています。

・これも1にも書いたんですけど、なかなか難しいんじゃないかと思います

 

4.成功できると信じている。同時に、成功は簡単には手に入らないと考えて、努力を怠らない

・ここが一番感銘を受けたところです。

・アフォメーションとかインカンテーションの改良版ですね。ただの自己暗示ではなく、同時に覚悟も決めることが出来るとても良い方法です。

bookkeepingoflife.hatenablog.com

 

5.最初から完璧を目指さない。失敗を恐ることなく、少しずつでも進歩することを考えている

・これは難しいですね。私の場合は、同じこと、もっと年取ったら出来ないぞ、、、と自分を励ましながらやっています。

・怒られることも仕事の内です。

 

6.どんな能力でも努力で身につけられると信じている。どんな困難でも「やり抜く力」を持って当たることができる

・このマインドセットってどうやれば身につくんですかね?

・やはり過去に、ダメだったことが出来るようになった、という小さな成功体験を積み重ねるしかないんだと思います。

 

7.意志力も鍛えれば強くなることを知っていて、習慣的に鍛えている。筋力と同じように、意志力も使いすぎれば消耗することを知っている

・意志力が弱い、と感じている皆さん。

・最近の研究では、意志力などは鍛えることが出来ることは証明されている。。。そうです。メンタリストのDaigoの本に書いてありました。そちらには、常に姿勢を正すなど、小さな意志力トレーニングが必要だと書いてありました。

 

8.誘惑をできるだけ近づけないようにしている

スマホを触ってしまう私には難しいですね。

・どうやればスマホを触らなくてよくなるんですかね。。。やっぱり解約するとか、遠ざけることが必要ではないでしょうか。

 

9.「やらないこと」ではなく「やること」に焦点を置く

・やらないことを決めて、やることに集中する。その通りですね。

・やらないことを決めるのが、選択肢やタスクが多い今の時代大変なんですがね。。。

 

以上です。とても良い評価だった本ですが、サクサク読める割には、あまり頭に残らず、コスパは高くないように感じました。

キンドルの読み放題とかでリリースされたら読んで見たらどうでしょうか?

今仕事うまくいっていない人が読むような本ではないですね。