人生の簿記(仮)

新人コンサルタントの自己研鑽記録。ゆとりとか、悟りとか好き勝手言われてる世代が、何を考えているかを綴ります。

空の旅にトラブルはつきもの

というわけで、先ほど記事を書いたばかりなのだが、

機材トラブルで現在搭乗が遅れています。

 

基本的に飛行機って速い乗り物なんですが、

乗るまでの手続きとか、付帯時間が長いので、ある一定以上の距離でないと利便性がない。

 

羽田空港なんて、手荷物検査から滑走路をダラダラ走っている時間の方が、飛んでる時間より長い!

なんてことザラだと思う。

 

経験上広島より遠く飛ばないと、滑走路走行時間と、手続き時間の方が長いと思う。

 

 

機材トラブル・・・

とてもアンラッキーなんだけども、

仕方ないな。。。

 

こんなアメリカンジョークがあったな。。。

 

年の瀬、満席の飛行機。

突如機内アナウンスで、

「申し訳ありません、致命的な機材トラブルにより、当機は離陸を見合わせます。

皆さま、機内乗務員に指示に従い、速やかにお降りください。

代わりの機体は現在手配中です。」

これを聞いた乗客からは怒声が響いた

「ふざけるな!」

「クリスマスに間に合わない」

「お金を返して」

「何時間またせるんだ」

 

そしたら、機長のアナウンスはこう行った

「…じゃあ飛びます!」

 

機内は大混乱となった。

 

 

これアメリカンジョークだけど、今の日本も似たようなもんだと思う。

 

私は素人なので、大人しく従います。