人生の簿記(仮)

難病(膠原病、関節リウマチ)で、凡スペックの人間の戦略コンサル挑戦記。日々気づいたことを記事しています。詳細はプロフィールを読んでください。https://bookkeepingoflife.hatenablog.com/entry/2018/07/21/132951

レビュー SKINS 加圧シャツ

最近ブログのアクセス数が減少してきました。

やはり、ソニーのイヤホンによる一過性のアクセス増加だったんですね。

とは言え、これからもしっかりとしたブログを運営していくことで、

自己研鑽、自己コンテンツ化、副収入を目指します。

bookkeepingoflife.hatenablog.com

 

本日紹介するのは、加圧シャツSKINSです。

 

このSKINSという加圧シャツですが、元々はスポーツ時に着用することを目的としたスポーツウェアです。

加圧、つまり締め付けが強いシャツなわけですが、

基本的にはテーピングと同様の効果だと理解しています。

テーピングサポータは関節周りを締め付けることで、関節におかしな方向に負荷がかかることを防ぎ、怪我を防止します。

このSKINSは、同様の効果を全身に得ることができます。

 

一方で、私はほとんどスポーツをしません。

それではこのSKINSをどうして購入したのかというと、、、

SKINSが疲労回復に効果があるウェアだからです。

原理としては、全身を加圧して、血圧をあげる?ことで、

体中の老廃物を取り除き疲労回復に効果がある!ということのようです。

また飛行機で移動する際、気圧低下した時に体がむくみがちなのですが、

この加圧ウェアを着用することで、むくみをおさえ、

エコノミー症候群などを防ぐことが・・・できるのかな?

 

そんな半身半疑で購入したウェアですが、とりあえず、

移動中に着用すると、若干体が楽なような気がします。

気のせいかもしれませんが。

また暑い日は汗を効率よく発散させ、日光も防ぎ、涼しく感じさせます。

寒い日は、ヒートテック同様、体を温めてくれます。

そんなハイテクウェアです。

 

ちなみにビジネスクラスのラウンジなどに行くと、着用者をちらほらみるので、

世界のエグゼグティブにとっては、当たり前の戦闘着なのかもしれません。

 

SKINSには、3タイプほどあり、

ガチ休息用、ノーマル、ガチスポーツ用があります。

私はガチ休息用と、ノーマルを上下1セットずつ持っています。

なんだかんだノーマルが一番使い回しが効くのですが、

前開きがないので、トイレする時苦労します。

一方で、ガチ休息用の上半身は、少し首回りが大きく開いて居ます。

おそらくスーツなどの服の下に着れることを想定して、

首回りから服が見えないように、、、との配慮からだと思いますが、

若干、、、というよりかなりセクシー過ぎます(笑)。

価格は1万円のため、回復ウェア用途で買われるかたがもし居れば、

まずはガチ休息用の下半身用を買うことを進めます。

それで効果を実感できれば、ノーマル上半身を買って見てください。

サイズですが、私は183cm、体重68kgで、Sサイズを買いました。

とくに小さいとも思いません。

ジャストサイズ、もしくはジャストサイズー1サイズを選んでください。

 

ちなみにこちらの加圧シャツSKINSは高城剛さん愛用のシャツでもあります。

世界中を渡り歩くハイパーメディアクリエイターが愛用しているので、

仕事頑張りたい人、出張多い人、移動多い人、立ち仕事多い人、運動する人、クリエイティブな人?全てにおすすめの一着です。

 

 

 

 ↓これがガチ休息用。正式名称はRY400です。

 

↓これがノーマル版。正式名称はDNAMIC

デザインも色々あります。

 

↓ガチリラックスの上半身。。。やっぱり首元がセクシーで気になる。

 

↓ノーマルの下半身。ただ寝るためだけであれば問題ないですが、

移動中に着る場合は、トイレ行く時大変です。。。本当に大変です。