人生の簿記(仮)

新人コンサルタントの自己研鑽記録。ゆとりとか、悟りとか好き勝手言われてる世代が、何を考えているかを綴ります。

ビットコインに関して思うこと

今日はビットコインに関して思うことを書きます。

ビットコイン、仮想通貨ですが、最近とても話題ですね。

いつのまにやら100万円に届きそうな勢いです。

おそらく100万円は超えるのではないかと思っています。

 

私は専門が経済ではなく、

コンサルに転職してから経済などを勉強し始めたのですが、

単純にビットコインて従来の経済学では説明がつかない通貨でとても興味深いです。

 

株式にしても、先物取引にしても、不動産にしても、

市場価値より安ければ、値上がりして、高ければ値下がりするのが、資本主義の基本です。

ですが、ビットコインの市場価値って、どこかの国の中央銀行が保証しているものではないですし、謎なんです。

よく取引、マイニングしている電気代が原価と言っている人たちもいますが、

何となくしっくりこない表現です。

 

周囲でビットコインを買って儲けている人がいるのですが、

私個人はこのように市場価値が見積もれないものが過剰に値上がりしていることから、

完全なバブル状況にあると認識しています。

 

ちょうど100年ほど前に起きた世界恐慌では、

「靴磨き少年も株の話をしていたので、これは異常だと感じてバブルがはじける」

と予見したという逸話があります。

みなさんの周りで、さすがにこの人がビットコインは買わないだろうという人が、

ビットコインを話題にし始めたら、いよいよバブル崩壊が近いということです。。。

 

リーマンショックからちょうど10年ですし、いよいよ次の世界恐慌が来るのでしょうか。

個人的には今すぐビットコインを買うことはしませんが、

バブルがはじけて10円くらいに下落したら買ってみようかな・・・と思っています。