人生の簿記(仮)

新人コンサルタントの自己研鑽記録。ゆとりとか、悟りとか好き勝手言われてる世代が、何を考えているかを綴ります。

航空券の価格のなぞ

社会人になってからというもの。

飛行機にはかれこれ100回以上は乗っているだろう。

ANAのライフタイムマイルは、100,000マイル程度。

すごい飛行機乗っている人と比べると大したことないですが、

20代で、100,000マイル以上飛んでいて、SFC所持者となると、

そうそう多くないと思います。(ドヤ!)

ちないに20代でSFCなったからといって、おっさんの中に若いのが居て、

スッチーと仲良くなれるなんてことは有りませんでした(笑)。

 

さて、本日は謎に包まれた航空券の価格についての疑問をまとめます。

国際航空券の通常価格は片道10万円以上です。

しかし、直前だったり往復券だったりすると、20万円ではなく5万円だったりします。

その代わり欠航時のサポートはないのですが。。。

 

 

なぜ、片道より往復の方が安いのか・・・。

仮説では、以下が想定されます。

往復券は、キャンセルとなる可能性が高い

何故ならば、往復=ビジネスや観光であり、目的としては弱い。

だからキャンセルされること前提の価格設定となっている。

 

一方で、片道券の場合は、留学や長期出張の渡航となるため、

目的としては強くなり、キャンセルされることも少ないため、

強気の価格設定となっている?

 

ん〜。。。あまり、明確な仮説ではないですね。。。

どなたか分かるかたいらっしゃいましたら、

コメントで教えて欲しいです。