読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の簿記(仮)

新人コンサルタントの自己研鑽記録。ゆとりとか、悟りとか好き勝手言われてる世代が、何を考えているかを綴ります。

USB充電機

ざっくり分かるファイナンスを読んで、自分自身のキャッシュフロー重要性に気づいた。

 

bookkeepingoflife.hatenablog.com

 

これまではブログはメモ書き程度として、だらだらと続けていたのだけど、

目的は単純な備忘録と、文章力向上のためだった。

だけど、どうせやるのであればマネタイズしたいと思った。

そこで、これからは日々の気づき以外にも、アマゾンで購入した商品のレビューを取り上げたい。

 

いずれ2016ベストバイの記事を書いた際に、 紹介したいと思っていたアイテムがこちら。

海外出張や旅行を頻繁にされる方におすすめの一品。

 

Anker PowerPort 4 (40W 4ポートUSB急速充電器)

お値段は購入時点では3,000円程度でした。

こちらは以下の点で優れています。

 

♦︎USBポートが4つ口

USBを四つさすことができます。携帯やウォークマンウェアラブルなど、

充電必要なアイテムが増えているので、大変助かります。

USBは通常タイプです。一応Cタイプのものも販売されていますが、

まだ当分USBーCはスタンダードにならないと想定してこちらを購入しました。

 

♦︎急速充電対応

出力は最大40Wです。

一つ2.4Aまで対応。合計で8Aまで対応しています。

急速充電はこれまで使用したことなかったのですが、

体感としては携帯電話の充電が早く終わる印象です。

通常のUSBでは2時間以上かかるスマホが、1.5時間程度で完了します。

以下のもので使用していますが、現在出力不足は感じていません。

Xperia Z3

Xperia Z3 Tablet

Xperia Z2

Xperia Z5

・macbook12 2016

・I-Odataの持ち運びできる無線lan

・Anker モバイルバッテリー

・外付けDVDドライブの給電用

これらで使用していますが、同時使用でもパワー不足は感じません。

一番の感動ポイントはmacbookで使用できることです。

専用のUSB-Cケーブルは買わないといけませんが、

macbook専用の充電器を持ち運ぶ必要がないのです。

ちなみにmacbook専用充電器は出力が29Wのため

40Wある本製品の場合は、単体使用であれば特に問題なさそうです。

4つ口全てを使用している場合は、充電速度遅くなるかもしれませんが、

macbook 12自体が12時間電池が持つことと、毎晩寝るとき充電しているので困りません。

また外付けDVDドライブの給電として使用できるのは大きいです。

macbook12 はUSB-cが一つのみのため、DVDドライブを使用する際、

バッテリーの消耗が大きいのですが、バッテリー消耗を気にせず使用ができます。

荷物を減らせる、充電時間も減らせる。メリットしかないですね。

 

・その他

内部の電子回路で最適な出力で充電してくれるので安心とのこと。

過充電なったら、自動的にセーブしてくれてるそうです。

一応本体に給電中はランプが緑色に点灯するのですが、

100%になると緑色に変わっています。

また世界中の電圧に対応しているので、海外旅行時でも持ち運べます。

最近はUSB充電対応の電子機器がほとんどのため、

これを持ち運べば、変圧器はいりません。

macbook12であれば、本当にこれ一台で全て事足りますね。

ちなみにUSBはを100W以上まで対応させようという話もあるらしく、

そうなると家庭用コンセントがUSBに置きかわります。

USBはデータ通信もできるので、家中の家電を操作できるような時代が来るかもしれませんね。

 

旅行が多い人や国内外出張が多い人におすすめの一台です。

黒色も出ているようです。