読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の簿記(仮)

新人コンサルタントの自己研鑽記録。ゆとりとか、悟りとか好き勝手言われてる世代が、何を考えているかを綴ります。

ざっくりと分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務

ざっくりと分かるファイナンス

経営センスを磨くための財務

 

石野雄一 著

光文社新書

 

2007年4月20日出版

 

 

 

コンサル入社して1年が経過し、できることもある程度増えてきて、

ビジネスマンとして、コンサルタントとしてのビジネス教養の強化をしたいなーと思っていた時に出会った1冊。

 

内容としては完璧には理解できていない(コンサルとしてどうなんだろう。。。)けれども、

企業価値や事業価値の最適な見積もり方法に関してざっくりと理解することができた。

 

これまで経営企画や、財務関係の本を読んだことがない方にはおすすめの一冊です。

よく一般的なコンサル(戦略・経営)は、

「クライアントの企業・事業価値の強化」を目的として、

戦略を練るわけです。

さて、、、以前の私(この本を読む前の私)は、

「ふんふん。そうだよね。」と考えていましたが、

そもそも、「企業価値ってなんだ?」といった疑問を抱くのが普通です。

「そんなの営業利益率に決まってるじゃんwww」と思ってましたが、

それ以外の視点も与えてくれる一冊です。

お金の時間的な価値は、認識はしていましたが、

改めてリアルな数字として把握する視点を得られたという点では、

非常に良い一冊となりました。

まだ理解が不足しているので、再読して理解を深めたいと思います。

 

最近は、読書は数ではなく深さだと思い、電子書籍から紙の書籍に戻り、

書籍にメモを書き込みながら読書はじめました。。。

 

※本日からブログの収益化を考慮して、アマゾンアソシエイト登録しました。

もしレビュー読んで、この本読みたいな、と思ってくださった方がいらっしゃいましたら、

以下リンクより購入いただけると幸いです。