読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の簿記(仮)

新人コンサルタントの自己研鑽記録。ゆとりとか、悟りとか好き勝手言われてる世代が、何を考えているかを綴ります。

失恋した友人に向けて。

久しぶりの更新です。

週に1回は更新できるようにしたい。

 

今週末遊んだ友人(女の子)が何やら失恋したとのことで相談受けた。

話を聞いていて自分が失恋した時のことを思い出して、少しだけ貰い泣きしてしまった。

 

自分が失恋した時のことを思い出して、当時の自分が楽になったこと、ためになったことを書き出してみる。

 

①日記をつける

当時は未練ありありだったので、ひたすら自分のダメなところ書き出してました。

気持ちの悪いポエムも書いてた記憶あります。

とにかく悲しい気持ちなどは書き出していくと心が楽になるのです。

 

②友人に話を聞いてもらう

ありきたりですし、周囲はいい迷惑ですが、

この自己満足のような儀式は非常に効果あります。

個人的に一番救われたのは、同性ではなく異性に愚痴を聞いてもらった時です。

やはり異性の意見は説得力もあり、賛同得られないところが自分の認識ズレだと知ることが出来ます。

友人の彼女などがそういった意味では一番頼りになりました。

 

③新しい趣味を始める

それまで音楽をあまり聞かない生活を送っていたのですが、

失恋を機に音楽を聴きこみ、ギターなどを始めてみました。

あまり長続きはしませんでしたが、

1時の気晴らしにはなりました。

OasisのDon't look back in angerと、くるりの東京をひたすら聞いたな。

 

④新しい恋?

何だかんだひきずっていたのですが、

音信不通だった元カノから1年ぶりくらい経ってメール来て、

直接会って、本当に終わったんだと納得出来たんですよね。

それ以降は全然浮いた話もなく、社会人になりいろいろな女性と遊び、

本当に思い出さなくなったのでした。

今でも偶に夢に見ますが。。。

今思えば、もう少し相手の気持ちを思いやって上げられれば、

再開した時によりを戻すことも可能だったのではないかと思います。

 

 

ここで整理した考えをベースに、友人にアドバイス送ってあげよう。

 

他人の恋路よりも、自分の恋路をなんとかせねば(笑)。